高天原翠里(たかあまはらのみどり)について

トップ龍宮 豊玉乙姫について

龍宮 豊玉乙姫(りゅうぐう とよたまおとひめ)について

複雑な家庭環境で受けた心の痛みや学校でのイジメ体験により、 
笑う事が出来ない、常に不安定な精神状態で少女時代を過ごす。
産まれた意味も解らない・・誰からも愛されない・・必要とされない心の渇きから、
何度も自殺や家出を繰り返す。

おりんそんな環境から抜け出したいという気持ちから、
14歳の時にドラマのオーディションを受け芸能界にデビューする。
TV・ラジオ・アニメ等で幅広く活躍。
その頃から「他の人とは違う声質」と言われていたが、
自身は単に「変な声」としか思っていなかった。

華やかな世界で仕事という表の顔は笑えるようになってきたが、
本当の自分は相変わらず心の痛みで苦しんでいた。
そしてとうとう肉体的にも我慢の限界が訪れ、心身共に死と向き合う事になる。

経済的にもどん底になり絶望の日々の中の「或る日」 
急に身体が「ボッ!」と温かくなり、
懐かしい優しい誰かに抱かれている初めての感覚に包まれた。
何故か、心の傷や身体の痛みが柔らかく溶けて消えていき、私は生還した。

そして聞こえてきた、聞いた事の無い音・・意志を伝えるかのような不思議な音・・
更に私自身の内側から何かを突き破るような倍音が溢れ出し・・天然石
でもそれは昔から「知っていた」ような特別な音。
そう古代私が姫巫女斎王だった時の、あの音だ。
そして詳細な前世の記憶の甦り。
聞こえてきたのは、古代神事で奏でていたあの「神音」だ。

それからこの不思議な「倍音の神音」に導かれ、
ボイスヒーラーとして始まる為の総てをこの神音から学び、今に繋がっている。
既存の「本」からではなく、大いなる宇宙の根源や存在からの「メッセージ神音」を翻訳し、
神々が起したい事や新しい宇宙構築の設計図をダウンロードして、
それが本当に人々を幸せにしていくものなのか自身の日常で実験を繰り返し、
必要としている方々に伝授している。

「おとひめ」になった2003年から始まり「龍宮 豊玉乙姫」となった今も、
それは変わらず続いている。
私と同じように苦しんで来た方々が幸せになれるよう、
ご予約をお受けした時から「喜びへと向かう波動マントラ」や道筋を、
宇宙の源から降ろしセッションを行っています!

セッション&ワークショップ 体験者の声 

富山県在住 K さん 30代 男性 

セッションを受けて、私の世界は明るくなった。それまでは気付かなかったが、私の頭に濃い霧がかかっていたようだ。
セッションが終わりそれが晴れたとき、目の前に生き生きとした世界が広がっていた。
一つ一つがはっきりとした存在感を放ち、自分自身もその世界の一部であると実感できた。『私は今ここにいる』…そう確信できた。
音陽姫のセッションは単なる癒しではない。『自ら立つ』と約束してきた魂に対するサポートである、と感じた。

東京都在住 K.Nさん 30代 女性 

みどりさん(龍宮 豊玉乙姫)に会った瞬間、何故か懐かしい感じがしました。歌?おとだま?が始まるともっと深いところ=魂から懐かしさが涙と共に溢れてきました。頭の中が温泉に入った時みたいにボワ~っとして、まさに思考停止!今まで不安だらけでしたが、何かこだわりが消えて、楽しくやりたい事が出来そうです。

神奈川県在住 F.Fさん 50代 男性  

唐突に会社を退職し、何か自分にしか出来ない事がないか探していた時、知人の紹介で、おとひめさんを知った。いわゆるセッションルームには、見た事もない石がたくさんあって場違いな所に来てしまったと思った。しかし鐘が鳴り歌が始まると、モンゴルのホーミーのような不思議な音が、まるで異空間をつくるかのように響きだした。頭や石を持つ手がしびれだし、始めて光りに包まれる体験をした。

大阪府在住 S.Oさん 40代 女性 

私がみどりさん(龍宮 豊玉乙姫)に会ったのは、もう3年も前の事ですが、彼女はどんな人にも上下関係をつけないんです。それはこんなに沢山の方がいらっしゃる今も変わりません。セッション以外でもまめに相談の電話やメールに受け答えしているようです。パワーやエネルギーを振りかざしている人は沢山いますが、基本的に礼節のあるみどりさんはとても安心出来る存在です。勿論、古い思考を解除する「破壊ダー」のおとだまは固い殻を破るのに最適で~す!

名古屋市在住 O.Wさん 30代 女性 

みどりさん(龍宮 豊玉乙姫)の家に伺う日の少し前から幾何学のような模様が色んな光と共にチラついていました。歌が始まると手が勝手に動き出し、でもそれは遠い昔やっていた事がある感じ。カウンセリングの中でその意味も教えてもらい、やっと本当にやりたかった事に出会いました。

お問い合わせ・お申し込みはコチラへ!

icon メールフォームでのお問い合わせ・お申し込み

※Eメールでのご連絡も承ります。
midoricosmicotohime★docomo.ne.jp→★を@に変更して送信してください。

 

ページトップに戻る